対人日記


RoとAoCメイン。
by mitu_pk
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク

時代別適当解説Ⅲ

■領主の時代(中編)

領主の時代で使える軍種は少ないので
すべての詳細と思い付いた点を書く。

軍兵
HP:45 攻:6 防:0/1 コスト:肉60金20 ボーナス:鷲に+2
初弾賭けユニット。
領主の後半になればなるほど使えなくなっていく。
これといった特徴が無いのが特徴。
上手く使うには、暗黒の時代から数匹作っておき、
領主進化と共に軍兵グレードアップ。
時代初期の射程ユニットが溜まる前に着弾させ、
相手前線から押し切るように使う。
初段で決めてしまわないと散兵にも追い払われる。
コストが高いためリスクが大きい。
ちなみに民兵のままだと農民より弱いので注意。


HP:45 攻:3 防:0/0 コスト:木25肉35 ボーナス:馬に+15
馬のアンチユニット。
能力は低いが馬には絶大な威力を発揮。
血統無し斥候なら3発で倒せる。
編成の主力では使わずにサポート的役割で使う。
軍隊に混ぜたり資源場荒らし用に配置しておくといい。
射程系からのダメージが大きいため
目を離している隙に居なくなってるなんてことも多い。
前には出さずに馬が来たら対応して出すようにしたい。
射程が若干だけある(0.5?)、攻撃速度が遅い。
領主軍の中では斥候の次に足が速い。


HP:30 攻:4 防:0/0 コスト:木25金45 射程:4 ボーナス:槍に+3
荒らしユニット。
領主の主軍は散兵であるため軍隊のぶつけ合いでは不利。
内政荒らしに徹するしかないだろう。
数が溜まればどの軍も近づく前にやれる。
弓メインで行くなら内政は建物等で守り、
荒らしに徹しつつ数を溜めたい。
後は軍兵が襲ってきたら対応して出すくらい。
領主で使っていくというよりは、領主後期に作り始めて
城主UPしてから使うことが多い。
また、射程ユニット全てに言えることだが
攻撃のディレイ中に移動が出来るため引き撃ちのように動ける。
高台が近くにある時などは有効に使いたい。

散兵
HP:30 攻:2 防:0/3 コスト:木35肉25 射程:1~4 ボーナス:弓、散兵、槍に+3
主力ユニット。
射程とアンチの関係から領主では主力で安定。
荒らしも弓ほどは農民は狩れないが邪魔は充分出来る。
0距離射程には攻撃出来ないため、
近接ユニットに近づかれると攻撃出来なくなる。
斥候に追われると何も出来なくなるため槍を混ぜておきたい。
散兵同士のぶつかり合いでは攻撃力が2で弓防御が3のため
矢羽の研究で2+1にしてもボーナス分しかダメージが通らない。
相手が弓の場合、防御+1をするとダメージが1になる。

斥候
HP:45 攻:5 防:0/2 コスト:肉80 ボーナス:特に無し
対射程&荒らしユニット。
槍に恐ろしく弱い以外は機動力もあり総合的に強いが
内政が未成熟な領主で肉80はなかなかの圧迫。
槍にサクサクやられるので肉壁にはあまりならない
近づかないように散兵を狩ったり農民を狙うといい。
血統をすると強さがグンと上がり、
少量の槍が居るくらいなら力押しで行けたりもする。
操作量が足りないうちは上手く使いこなせないかも。

鉄鋼所UPについて
上記の全てのユニットに、
攻撃+1(射程+1)、防御+1/+1させることが出来る。
基本的に全部研究したいが優先度的には
矢羽、歩兵防御、他といった感じ。
散兵同士だと矢羽でダメージは変わらないが
射程が伸びるのと槍へのダメージが上がるので
研究しておきたい。
槍は射程ユニットに狙われることになるので
防御を上げて少しでも延命させる。
逆に攻撃は、斥候の確殺攻撃回数が変わらないため
それほど重要ではない。



軍隊編成を書くつもりだったが
基礎知識から書いたほうがいい気がして中編にしてみた。
編成は後編に回す。
[PR]
by mitu_pk | 2006-02-04 17:01 | AoC
<< 生体PT狩り プリ編 アァ…('A`) >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧